無料でウェビナー・オンラインセミナー見放題

ECのためのコンバージョンにつながるステップ配信

株式会社ライフェックス
5.0
1
評価評価
評価を選択しよう!
投稿

カテゴリ

マーケティング|PR

説明文

ECにおける新規獲得、既存顧客の育成に重要な施策の一つがステップ配信です。特に単品リピート通販では、顧客育成を行いながら途中解約を防止し、長く続けていただくかといったLTVの考え方が必須となります。 今回は、ステップ配信にテーマを絞って、CRMの現場のプロが、メールとLINEそれぞれにおけるステップ配信について解説いたします。

コメント

2023-10-04 08:12
0件報告
コメントをもっと見る >

お知らせ

株式会社ライフェックスはEC、D2Cのマーケティングプロデュースカンパニーです。 総合通販ベルーナ出身の代表が2009年に創業してから一貫してブランディング、マーケティング、CRM領域で300社以上のご支援に携わりノウハウを蓄積しブランディングから新規の集客、顧客育成までトータルでご支援、 伴走することで永く愛されるブランドづくりをサポートいたします。 https://lifex-group.co.jp/

開催日

2022年5月25日開催

株式会社ライフェックス
CRM DivisionManager

江森 清文

年賀状ソフト【筆まめ】の直販サイトにおいてPCソフト及び家電販売の自社ECを運営、前年比120%達成し、社長賞受賞。その後、その経験を生かし化粧品業界に参入。DtoC領域においての2社のCRM業務を取りまとめ、メール施策、DM施策、同梱施策を得意とし、様々な化粧品分野の年間LTVの最大化に貢献。現在はその技術を生かし、Lifexにおいて、様々な分野のコミュニケーション設計を実施し、クライアント様のLTV向上を実現している。

株式会社ライフェックス
CRM DivisionGeneral Manager

高井 真吾

2005年にコールセンターベンダーに入社し、通販企業、D2C企業のコールセンターの立ち上げ及び運用を200社以上行う。2021年ライフェックスに入社。コールセンター構築・改善からフルフィルメントを中心に従事。最近ではLINEを顧客コミュニケーションの軸としたサービスを企画し、新サービス『I’llcom(アイルコム)』を立ち上げる。LINE連携ツール『LIneON(ラインオン)』も同時に設計しサービスローンチを行うに至る。

ECのためのコンバージョンにつながるステップ配信

株式会社ライフェックス
5.0
1
評価評価
評価を選択しよう!
投稿

カテゴリ

マーケティング|PR

説明文

ECにおける新規獲得、既存顧客の育成に重要な施策の一つがステップ配信です。特に単品リピート通販では、顧客育成を行いながら途中解約を防止し、長く続けていただくかといったLTVの考え方が必須となります。 今回は、ステップ配信にテーマを絞って、CRMの現場のプロが、メールとLINEそれぞれにおけるステップ配信について解説いたします。

コメント

2023-10-04 08:12
0件報告
コメントをもっと見る >

お知らせ

株式会社ライフェックスはEC、D2Cのマーケティングプロデュースカンパニーです。 総合通販ベルーナ出身の代表が2009年に創業してから一貫してブランディング、マーケティング、CRM領域で300社以上のご支援に携わりノウハウを蓄積しブランディングから新規の集客、顧客育成までトータルでご支援、 伴走することで永く愛されるブランドづくりをサポートいたします。 https://lifex-group.co.jp/

開催日

2022年5月25日開催

株式会社ライフェックス
CRM DivisionManager

江森 清文

年賀状ソフト【筆まめ】の直販サイトにおいてPCソフト及び家電販売の自社ECを運営、前年比120%達成し、社長賞受賞。その後、その経験を生かし化粧品業界に参入。DtoC領域においての2社のCRM業務を取りまとめ、メール施策、DM施策、同梱施策を得意とし、様々な化粧品分野の年間LTVの最大化に貢献。現在はその技術を生かし、Lifexにおいて、様々な分野のコミュニケーション設計を実施し、クライアント様のLTV向上を実現している。

株式会社ライフェックス
CRM DivisionGeneral Manager

高井 真吾

2005年にコールセンターベンダーに入社し、通販企業、D2C企業のコールセンターの立ち上げ及び運用を200社以上行う。2021年ライフェックスに入社。コールセンター構築・改善からフルフィルメントを中心に従事。最近ではLINEを顧客コミュニケーションの軸としたサービスを企画し、新サービス『I’llcom(アイルコム)』を立ち上げる。LINE連携ツール『LIneON(ラインオン)』も同時に設計しサービスローンチを行うに至る。