企業のDXを推進するために必要なこと

株式会社ヤプリ

企業のDXを推進するために必要なこと

株式会社ヤプリ

カテゴリ

マーケティング|PR

説明文

急速に変化する時代の中で、企業にはデジタルシフトが求められています。デジタルマーケティングを含めたマーケティング領域では「データ活用」や「EC」などに取り組まれている企業がありつつ、社内では旧来から続くアナログな習慣がまだまだ残っているのが現状です。COVID-19の影響で、テレビ会議やテレワークの導入など、社内DXの取り組みが始まった企業も多いかと思います。本セッションでは、今後変わりゆく時代の中で、様々な状況下でも正しい経営判断・意思決定をするために必要なことを探ります。

お知らせ

今開催中のセミナーはこちらから: https://yapp.li/seminar/

開催日

2020年9月30日開催

企業のDXを推進するために必要なこと

株式会社ヤプリ

企業のDXを推進するために必要なこと

株式会社ヤプリ

カテゴリ

マーケティング|PR

説明文

急速に変化する時代の中で、企業にはデジタルシフトが求められています。デジタルマーケティングを含めたマーケティング領域では「データ活用」や「EC」などに取り組まれている企業がありつつ、社内では旧来から続くアナログな習慣がまだまだ残っているのが現状です。COVID-19の影響で、テレビ会議やテレワークの導入など、社内DXの取り組みが始まった企業も多いかと思います。本セッションでは、今後変わりゆく時代の中で、様々な状況下でも正しい経営判断・意思決定をするために必要なことを探ります。

お知らせ

今開催中のセミナーはこちらから: https://yapp.li/seminar/

開催日

2020年9月30日開催

株式会社デジタルシフトウェーブ
代表取締役社長

鈴木 康弘

富士通、ソフトバンクを経て、99年セブンネットショッピング設立、代表取締役社長就任。2006年セブン&アイHLDGS.グループ傘下に入る。15年セブン&アイHLDGS.取締役執行役員CIOに就任し、グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。同社退社後、17年デジタルシフトウェーブ設立、代表取締役社長就任。SBIホールディングス社外役員、日本オムニチャネル協会 会長、学校法人電子学園 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授を兼任。

株式会社Preferred Networks
執行役員・最高マーケティング責任者

富永 朋信

日本コカ・コーラ、西友などでマーケティング関連職務を歴任し、ドミノ・ピザ、西友など4社でマーケティング部門責任者を拝命。社外ではイトーヨーカ堂、セルムの顧問、厚生労働省年金局年金広報検討会構成員、内閣府政府広報室政府広報アドバイザー、駒沢大学非常勤講師などを務める。日経クロストレンドなど、マーケティング関連メディア・カンファレンスなどのアドバイザリー、ボードメンバーなど多数。著書に「「幸せ」をつかむ戦略」(日経BP)、「デジタル時代の基礎知識「商品開発」」(翔泳社)